株式会社ラポール

2040年には・・・

こんにちは、Rapportの伊藤です。

 

先日、国立社会保障・人口問題研究所が公表した

都道府県別の「日本の世帯数の将来推計」が新聞に載っていました。

世帯主が65歳以上の高齢者世帯は21年後の2040年に2200万世帯を突破し

このうち1人暮らしが占める割合は全都道府県で30%を超える。

新潟県は33.9%。

東京など15都道府県では40%以上となるようです。

 

本当に21年後は、右も左も高齢者って感じになるのですね。

もれなく私もその中に入ってしまうのですが・・・

 

高齢者がピークに近づく一方、少子化の影響で現役世代が激変。

高齢者の社会的孤立を防ぎ、どう支えていくかが大きな課題との事。

 

新潟は都会とは違って、私達世代はまだ親と同居という家族構成があります。

私自身もそうですし、友人にもいます。

同居をして親の面倒をみている・・・

 

でも私達が歳をとる頃、子供と同居して面倒をみてもらうのは考え難いですね。

子供は子供の生活があり、結構いっぱいいっぱいだったり、

県外で働く子供も多く、新潟にいないという現状があります。

 

ひとりぼっちも大いに考えられます^_^;

寂しいし不安ですね。

誰かの力が必要になります。

 

孤独にならないように、孤独にしないように、

周りの人に寄り添ったり、支えたり、理解したりしたいものです。

高齢者になってからも、傾聴が役にたちそうです。

 

ポジティブな思いにもネガティブな思いにも

寄り添える聴き方を知りたい方は傾聴1日講座にお越しください。

次回は5月14日(火)です。

 

今日も素敵な1日でありますように・・・

 

 

最新の投稿

カテゴリー

月別投稿一覧