傾聴1日講座【実用編】お申込ページ

傾聴1日講座【実用編】お申込ページ

傾聴1日講座【実用編】のお申し込みをご検討いただき、誠にありがとうございます。

下記の開催概要をご覧の上、このページの一番下のフォームよりお申し込みください。

傾聴1日講座【実用編】の開催概要

講座名
傾聴1日講座 実用編
開催日時
2020年6月25日(木)10:00~18:00
会場
Rapportセミナールーム
(〒950-2022 新潟市西区小針8-1-2プランドールYT A号)

講師
一般社団法人 日本傾聴能力開発協会
代表理事 岩松 正史 先生
募集人数
8名
対象
傾聴1日講座(基礎)を終了された方
※まずは基礎講座からご受講ください。
受講料
定価30,000円(税込)
特別価格24,000円(税込)
主催
株式会社Rapport

学習内容

基礎講座の内容をより深めるとともに、新たな技法についても学びます。

  1. 傾聴の基礎知識
    うなずき、あいづち、キーワード、伝え返し
  2. もう一つの訊く
    質問技法
  3. 統合
    受容、共感、支持 技法の連鎖と明確化
  4. 交渉の基本
    違う意見の人への聴き方、伝えかた
    (主訴への応答+アイメッセージ)
  5. まとめ

POINT

基礎講座では、傾聴の基礎知識、うなずき、あいづち、くり返し、沈黙への対応の技術をお伝えしました。傾聴1日講座(実用講座)では、実用性の高い3点にテーマを絞って、傾聴活用の練習を行ないます。

  1. 基礎技術の定着
    うなずき、あいづち、くり返し、伝え返しのどれを使うか、会話の中で選択し使う方法について学習します。
  2. より深める技術(質問、伝え返し)
    基礎で習う「しっかり受け止める」から一歩進んで、「確認しながら対話を進める」技術として、伝え返し、「より深く関わる」ための技術として質問の技法を学びます。
  3. 日常で実用するための技術(違いをわかりあう)
    人と出会えば必ずじぶんとは違う意見の人とコミュニケーション力が必要となります。実用講座の最後は、日常で使える技術、相手を否定することもなく、こちらの意見も誠実に伝える伝え方を学習をします。

お申込フォーム

※この講座(実用編)は、基礎講座を修了された方が対象となります。
新潟以外で基礎講座を受講された方は、備考に基礎講座の受講日・受講場所をご入力ください。(受講日が不明の場合は、受講場所のみで構いません。)
お手数ですが下記に必要事項をご入力の上、ご送信ください。
メールにて折り返し、お支払い方法等をお知らせいたします。

弊社からはメールアドレス【customer@rapport-mind.com】よりお送りしますので、携帯電話の受信設定等をご確認ください。※メールが届かない場合は、迷惑メールフォルダやゴミ箱に自動的に振り分けられている可能性がありますので、一度ご確認いただきますようお願いいたします。

お名前 (必須)
性別 (必須)
年代
ご住所(必須)

番地・建物名・部屋番号等

お電話番号 (必須)
メールアドレス (必須)
メールアドレス(確認のため再入力)(必須)
備考